TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

不動産鑑定士 新着記事

NEW POST
help
  • ああ定額給付金その2

    高校野球ってお金かかりますねえ。やっと本格始動しましたが、ユニフォーム一式で軽く10万円オーバー・・・。息子分の定額給付金は速攻で消費されました。成人式もお金かかりますねえ。振袖の染め直しで軽く10万円。これでもかなり安く済ませてます。娘分の定額給付金は速攻で消費されました。事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ...

    不動産鑑定士 吉澤光彦

    宇都宮市明保野町の不動産鑑定士

    読者になる
  • 絶対、いい

    本日の天気はと取れてよかったけど、恩を仇で返されなくて、これまたよかったです去り際ってのは、この恩を仇で…ってのが一番表に出やすいタイミングでしてね。その対応如何によっては、後々遺恨を残すことになる。弊社なんぞも何度か経験しておりますが、こーゆーのって、一見して強い立場にある方が、実は簡単に足元をすくわれる要素を多分に持っていたりします。なので、どちらかというと、思考的には「いや、絶対、いいところがあるに決まっている」という考えが一番に立たないとダメ。信用とか信頼とか、そんな甘っちょろいモノではなく「絶対そうだ」という強い意志があったうえでの去られる感じ。何度か経験しないと得られないことだけど、そーゆー意味ではいい経験をしてきていると思うし、今後ももっとたくさんのケースに当たっていく、そんな立場でいられることに...絶対、いい

    ぬる鑑

    ぬる鑑

    読者になる
  • 【上半期】夏越しの大祓と路線価発表

    毎年のことながら夏越しの大祓、茅の輪をくぐってきました。今年は地元の兵主大社コロナの影響で早めに茅の輪をおく神社もあったとかこの3か月ほどかなり苦しんだので(コロナの影響ではありません)半年分の厄を振るい落としました(今年はかなり手ごわかった)この時期は、当社の法人化記念日も重なり、気持ち的にはテンション上がります。ついに二期目に突入決算結果の確定値はは追々ですが、売り上げ的には個人事業の倍は超えてました。バブル崩壊後の氷河期世代でもここまでできるんだな、と個人事業時代に積み上げたことがようやく形になり始めてます。あと本日は路線価の発表ニュースはこちらをクリック一月一日の価格なんでコロナの影響がまだ反映されてません、国税庁は今後の地価動向の如何によっては路線価の減額修正も検討しているのこと。この際、短期地価動向...【上半期】夏越しの大祓と路線価発表

    鳰不動産鑑定

    かいつぶりの日々

    読者になる
  • 三角地補正率

    立科町(2011.7)から。 今日の話題は不動産鑑定士や土地評価にたずさわっている人でないと意味がわからないかもしれません。 三角形をした土地の補正について土地価格比準表(地価調査研究会編著)では不整形と別に項目を設け補正率を定めていますが、相続税財産評価基準や固定資産評価...

    たけちゃん

    土地評価のブログ

    読者になる
  • 仲良しこよしは、悪くない

    本日の天気はとホント、闇だよね。この国は。資本主義の限界っていうよりも、これはもう完全な差別ですよ。てか、何故にそこに関心がいってしまうのかわからない。モロモロね。特徴とか傾向ってのはあるのかもしれない。でも、それがすべて悪ではなくって、違ってるからこそイイってことの方が沢山あるんです。偏ってる人が教育者に、また保護者に紛れていれば、それは脈々と受け継がれるだろうし、さらに格差が開いてくればなおさらかと。仲良しこよしがすべてイイってワケじゃないけど、少なくとも、悪くはないよ。なんだかんだで7月入ったけど、こーゆーの見るとなんだか悲しいですわ。じゃ、気持ち切り替えて、自分だけでも楽しくまいりましょう↓Instagramでも御休憩をっ!仲良しこよしは、悪くない

    ぬる鑑

    ぬる鑑

    読者になる
  • ああ支店長

    大学を卒業して今年は25年、つまり社会人になって25周年になるわけですが、こんな私でも闊達で活き活きとした、若かりし時代がありました。銀行に入行当初は意気盛ん。しかしバブルの崩壊、金融危機、リーマンショック等、金融機関をとりまく状況は厳しいとしか言えない、四半世紀でした。私は早々に銀行を辞めてしまいました。こんな時代、銀行の同期が支店長に! 感慨深いもんです。、どサラリーマン社会での出世街道に乗っ...

    不動産鑑定士 吉澤光彦

    宇都宮市明保野町の不動産鑑定士

    読者になる
  • どんな世の中になろうとも

    本日の天気はとわたくしが不動産鑑定士として登録したくらいの時期ですな。当時は六本木に勤めておりましたので、ここら辺はよく通ってたけど、自分の渋谷のイメージとは合ってるような気がしますね。20数年前くらいとなると、まぁ変わってはいるけど、驚くほどの変わりようではない。でも、その間に、人生の転換期を公私ともに何度か迎え、修羅場を乗り切り、成長していく。あと10年、なにが起こるかはわからないけど、毎度申し上げているとおり、変化することに躊躇なく、また、常に前向きに人生を歩んでいく所存です。どんな世の中になろうが、一度切りの人生、出来得る限り楽しく過ごしたいものです。はい。じゃ、某総会も無事に終わって一区切り。次期への積み残しにボチボチ取り掛かりますよと。↓Instagramでも御休憩をっ!どんな世の中になろうとも

    ぬる鑑

    ぬる鑑

    読者になる